bait sinnary_sOrigami Lecture in Beit Al-Sinnary

Tuesday, 2nd April 2013 12:00-14:30  @Bait al-Sinnary, Saiida Zainab, Cairo

The Japan Foundation Cairo Office held an Origami lecture for 35 children from three orphanages, in cooperation with Beit Al-Sinnary, for culture & arts, under the affiliated to Bibliotheca Alexandrina.

At first, we briefly introduced the history of Origami, and some works as an example, then each participant was able to fold a cup, a shirt, a flapping crane and a box.

Half of the children already experienced the origami, so they assisted their colleagues in showing them the process of folding and making extra samples with excess paper.

The participants’ works were exhibited in Bait Al-Sinnary.

Photos on Facebook

“Japan Day” in Banha University

Monday, 15th April 2013, 11:00-15:00 @ Auditorium Banha Univ.- Banha-Qaliubiya Governorate

The Japan Foundation Cairo Office and Embassy of Japan were invited by the Students’ union of Banha Univ. to participate in the “Japan Day”as part of their event “Introduction to World Culture” n, held the program: Introduction of the Japanese Culture.

The program began with a short general information to Japan, followed by a simple Japanese language Lesson.  Then there was a lively Q&A Session where the students’ interest in East Asia, especially Japan, was clearly shown.  Finally JFC staff Ms. YAMADA Aki introduced the Japanese traditional dance “Tokyo Ondo”, which was warmly received by the audience.

Photos on Facebook

4月のイベント報告

~ ベイト・シンナーリーー文化センターでの折り紙教室 ~

4月2日(火) 12:00~14:30 於:ベイト・シンナーリー@サイイダ・ゼイナブ

国際交流基金はアレキ図書館が運営している文化センターの一つ、ベイトシンナーリーと共催で3つの孤児院からの35名の少年少女に折り紙を教えました。

始めに、折り紙の簡単な歴史、作品例を紹介し、次に実際にそれぞれの参加者がコップ、Yシャツ、羽ばたく鶴、箱などを制作しました。

前にも折り紙を折ったことがある半数の少年たちは、手順を友達に教えてあげたり、余分の折り紙でもう1個折ってみたり、イベントに活気を与えてくれました。

この教室で参加者が作った作品は、ベイトシンナーリー文化センターで展示されました。

~ バンハ大学 Japan Day~  

4月15日(月)11:00-15:00 於:バンハ大学講堂@カリユベイヤ県バンハ

国際交流基金と大使館は、バンハ大学学生組合主催のイベント「世界の文化との出会い」のJapan Dayに招待され、日本文化紹介プログラムを実施しました。
日本の地理的特徴の紹介に始まり、かんたん日本語講座を実施。日本文化に関するQ&Aセッションでは、日本を含む東アジアに対する深い関心をうかがわせる活発なやりとりが行われました。最後に基金スタッフの山田明希さんが日本の代表的な踊り「東京音頭」を披露し、会場から大喝采を浴びました。

Advertisements