中東の日本語教育を支えて下さっている皆さん、いつもありがとうございます。

さて、225人の方にライブでご覧いただけましたが、昨日、2012年度の第1回中東日本語教師オンライン研修を実施しました。今回は日本語学習者のためのウェブサイト「アニメ・マンガの日本語」の開発に深くかかわられた熊野七絵先生にお話を伺いました。熊野先生、貴重なお話を本当にありがとうございました。改めまして、お礼を申し上げます。

ご紹介したウェブサイトはこちらです。

アニメ・マンガの日本語 Japanese in Anime & Manga
http://www.anime-manga.jp/

インタビューの動画は以下にあります。



最初の部分、動画が切れてしまっていますが、よろしければこちらに音声がございます。

http://archive.org/details/HowToUseTheWebSitejapaneseInAnimeManga

視聴者の皆様からのコメントは、こちらにございます。

http://togetter.com/li/286421

コメントにもありますが、「アニメ・マンガ日本語」ではなく「アニメ・マンガ日本語」なのだということが、インタビューを通してよく分かりました。また、日本語教師の発想を捨てなければならないところに苦労なさったというお話も、こういった教材の作成にあたっては非常に参考になりますね。

ご覧いただけた皆様、よろしければこのセミナーをよりよくするために、アンケートにご協力いただけないでしょうか。回答必須項目は一つだけです。 なお、アンケートにご協力くださった方には、お礼の代わりにEXILEのATSUSHIさんによる名曲『ふるさと 』(配信限定楽曲)をフルバージョンでご紹介します。

次回は4月27日金曜日のエジプト時間午後3時(日本時間午後10時)から、ウェブサイト「エリンが挑戦!日本語できます」の開発で中心的な役割を担われた磯村先生にお話を伺います。ご期待ください!

Advertisements