中東の日本語教育を支えてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
日本語アドバイザーの村上です。


今日は日本映画の最新情報をお届けします。
いつもの通り、先月19日までの一ヶ月間にYouTubeで公開された映画予告編のうち、再生回数の上位10作品をご紹介します。


第10位
『ゴーストライターホテル』予告編 – YouTube
これはコメディ映画です。日本の文学を全然知らないと楽しめないかもしれませんが、逆に日本文学に興味のある人なら、とてもおもしろいと思いますよ。夏目漱石や芥川龍之介、太宰治などが幽霊として出てきます。


第9位  再生回数:4,532
映画『幸運の壺 Good Fortune』予告編 – YouTube
これもコメディです。奥さんの死体を隠さなければならない男の話なので、かなりブラックなコメディーですね。


第8位  再生回数:5203
『TSY タイムスリップヤンキー』予告編 – YouTube
これは前回もランクインしていました。けっこう日本語の授業にも使えそうな気がします。


第7位  再生回数:5312
『レンタネコ』予告編 – YouTube
寂しい人に猫を貸し出すお話だそうです。寂しいなら猫より人間の友達を作った方がいいような気もしますが、そうも行かないのが都会の暮らしなのかもしれませんね。


第6位  再生回数:10,481
映画『不良少年 3,000人の総番』予告編 – YouTube
9位の『TSY』と似ていますが、予告編を見るとこちらは戦いばかりのようで、授業に使えるかはわかりません。難しいかもしれませんね。


第5位  再生回数:23,291
『ウルトラマンサーガ』TVスポット – YouTube
これも前回に続いてのランクインです。子供用なので難しい言葉も少ないでしょうし、学生に見せられないような場面もないのではないかと思います。


第4位  再生回数:31,843
映画「おおかみこどもの雨と雪」予告1 – YouTube
これは細田守(ほそだまもる)さんという、最近有名になってきている監督のアニメ映画です。面白そうですね。授業にも使えるんじゃないかと思いますよ。


第3位  再生回数:33,145
映画『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』特報映像 – YouTube
これは1970年代の日本が舞台の映画です。日本事情の勉強にはとてもいいと思います。


第2位  再生回数:88,975
特報01 神山健治監督作品『009 RE:CYBORG』(原作:『サイボーグ009』) – YouTube
これも私の世代にはたまらない映画ですね。子どものころ、とても有名なアニメでした。ただ、教材としては、こういう映画が好きな人と嫌いな人にはっきり分かれてしまうかもしれません。


第1位  再生回数:363,019
映画『貞子3D』特報映像 – YouTube
これは『リング』『らせん』『リング2』というホラー映画シリーズの続きです。面白そうですが、ホラーなので授業には使いにくいかもしれませんね。ただ、このシリーズは日本で作られたあと、アメリカや韓国でも映画化されたので、知っている学習者は多いと思います。

私は第10位の『ゴーストライターホテル』がいちばん見てみたいですが、皆さんはいかがですか?



Advertisements