カイロ日本文化センターCTOの村上です。
・・・という冗談はITに詳しくない人に通じないらしいと最近気づいた日本語アドバイザーの村上です。

さて、ツイッターなどではライブでご紹介しておりましたが、本日は大槌町で「三陸海の盆合同大祭」というイベントが行われておりまして、それに合わせてエジプトでも正午ごろ、JEN(Japan Egypt Network)の若者たちが震災で亡くなられた人々への祈りと、復興へ向けたメッセージを送ってくれました。

その状況は当センターのUSTREAMチャンネルを通して日本の方がたにもご覧いただくことができましたので、以下にご紹介いたします。



Video streaming by Ustream

女子学生が緊張してしまって、ご覧の環境によっては声が聞き取りにくいかと思いますので、本人たちの了承のもと彼女たちがあらかじめ準備していたメモを以下にご紹介します。

エジプトには革命、日本には地震と津波。両国は今まで、まだ不安な状況が続いているんですけど、エジプト人と日本人はほんとうに強いんですね。だからお互いに頑張りましょうね。

日本は昔から地震や台風などによく襲われているんじゃないでしょうか。でも今までも日本はとても強い国だと思います。その日本のために、あきらめないで、日本人のみなさん力のかぎりがんばりましょうね。あなたは独りじゃないんですから。生きる意志によって希望が生まれる。それが日本人から習ったことです。

この頃、大槌町では精霊流しや舞台での伝統芸能が披露されており、上の画面の右の方に映っているのは会場からのライブ中継です。大槌町の会場の様子は以下で録画を見ることができます。
http://www.ustream.tv/channel/magokoronet/videos
中でも精霊流しの映像が非常に幻想的なので、以下にご紹介いたします。

最後に、今回の震災で亡くなられた皆さんのご冥福と、東北の復興を改めてお祈り申し上げます。

Advertisements