January 2011


All classes are cancelled today.
たいへん申し訳ありません。
カイロ日本研究センターはタハリール広場に近く、今日も予想外のことが起きる可能性があります。
初級以外のコースもすべて休講といたします。
来週のことは、またこのブログや電話などでお知らせいたします。
この週末はいろいろな計画があるようですが、受講者の皆さんは怪我などをしないように慎重に行動してください。

日本語アドバイザーの村上です。

みなさまもご存じのとおり、カイロ日本文化センター近くのタハリール広場で昨日、大規模なデモがあり、本日もデモの計画があると報道されています。

従いまして、学生の安全を守るためにも、本日はすべての日本語コースをお休みにいたします。初級コースは明日もお休みです。中級以上と日本語教師養成講座については、また明日、このブログでお知らせします。

 

Hello. This MURAKAMI.

As reported widely, thousands of protesters held demonstration at Tahrir SQ. yesterday. Also, some report says they are planning another demonstration today.

Therefore, we decided to close all Japanese language courses today for students safety. As for level 1 to level 6, we cancel the class tomorrow,too.  As for level 7  to 10, and teachers training course, please check this blog for further information.

Thank you.

 

先日は日本で活躍しているモロッコ人歌手をご紹介しましたが、今回は日本で活躍しているイラン人です。

おそらく、サヘル・ローズさんとシリン・ネザマフィが今いちばん輝いている人ではないでしょうか。

サヘル・ローズさん

まず、サヘル・ローズさんは、現在、NHKテレビのキャスターとして活躍しています。

写真出典

先日、NHKの番組を見たある日本人が、twitterでこのように書いていました。

そういえば、今日見たNHK海外ネットワークで、特筆すべきは、ハイチ地震よりも、むしろ、この番組で、司会者を凌ぐ、海外生中継インタビュー兼コメントを務めたサヘル・ローズというイラン生まれのタレント女性(25歳)。4歳で孤児になり、10代で芸能界デビュー。日本語力が素晴らしすぎる。

http://twitter.com/#!/JF_Cairo/status/26538588900433923

wikipediaでは、彼女の生い立ちをこう記しています。

イラン・イラク戦争で生家が空爆に遭い[2]、両親と10人いた兄姉をすべて失い、4歳で孤児になり暫く孤児院で暮らす[3]。倒壊した家のがれきの中から当時大学生でボランティアの救援活動を行っていた現在の養母フローラ・ジャスミン[4]に助け出される。このため、本当の出生名は明らかではなく、現在の本名は後につけられたものである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

このあと、養母のフローラ・ジャスミンさんは家族の反対を押し切ってローズさんを養子にしたことで家から追い出されてしまい、いろいろな事情から日本へやってきます。ローズさんもすごいと思いますが、お母さんもすごい人ですよね。

こちらにローズさんのブログがあります。今は大好きなおかあさんと喧嘩してしまって落ち込んでいるみたいですから、イランで日本語を勉強している人は、ぜひ励ましてあげてください。

インターネットで読めるローズさんの記事としては、日経トレンディのものが一番充実していると思います。とにかくすごい人生ですから、ぜひお読みください。

前篇 http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/jidai/090402_sahel1/

後編 http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/jidai/090407_sahel2/index.html

シリン・ネザマフィさん

もう一人の日本で活躍するイラン人はシリン・ネザマフィさんです。

シリンさんは日本語で小説を書き、その小説がいろいろな賞を取ったことで有名になりました。芥川賞というとても有名な賞の候補にもなっています。

写真出典

実は私は今日まで彼女の顔を知らなかったのですが、シリンさんもとても綺麗な人ですね。

インターネットで読めるシリン・ネザマフィさんの資料としては イラン人美女成功物語 などがあります。私はエジプトに来る前はベトナムにいたのですが、ベトナム人の日本語学習者の中にもシリン・ネザマフィさんに大きな影響をうけた人がいました。おそらく文学が好きな日本語学習者だったら、世界のどこにいても彼女の名前を知っているのではないでしょうか。

イラン人と日本人の親を持つ有名人

イラン人と日本人の親を持つ人も日本では大勢活躍していますが、その中で一番有名なのは野球選手のダルビッシュ有さんでしょう。彼は今までの野球選手の中でもいちばんすぐれた投手だという人もいます。彼についてはwikipediaに詳しい情報が載っています。英語はもちろん、ペルシア語の説明もありますよ。

外国に住んでいる人にとってはNHKの「J-melo」という番組に出ている歌手のMay.Jさんの方が有名かもしれませんね。May.JさんはYouTubeに公式ページがあります。

最新シングルは明るくてとてもいい曲ですから、ぜひ聞いてください。

イランで日本語を勉強している人達にとって、この人達の存在が少しでも励みになることを祈っています。

中東の日本語教育を支えてくださっている皆様、日本語アドバイザーの村上です。

私がモンゴルにいたときは、モンゴル出身の横綱(よこづな)など、学習者のモデルになるような成功例がたくさんあり、それが学習意欲にとても大きな影響を与えているのを感じました。また、「自己関与効果」といって、自分に関係のある読み物の方が記憶しやすいという研究もあります。

それで、このブログでも日本で活躍している中東出身の有名人をYouTubeなどでご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはモロッコ出身のユーセフさん。モロッコでブルーハーツを聞いて、彼らの歌に憧れてはるばる日本までいらしたそうです。そして、2008年9月に「有刺鉄線」というパンクロックバンドにボーカルとして迎えられ、Kirakirarecordというインディー系のレーベルからCDデビューしています。

では、ユーセフさんの歌を4曲、お楽しみください。

これらの歌の他に、ユーセフさん自身が作詞した「戦車と石」というとても悲しい歌もありますね。

なお、有刺鉄線の公式サイトはこちらです。

http://www.yuutetu.com/

ユーセフさんのブログはこちら。

http://yusefu.jugem.jp/

ユーセフさんのtweetはこちら。昨日もライブがあったんですね。

http://twitter.com/#!/YuSeFu2010

ところで、2007年に撮影されたこんなビデオもあります。

もしかしたら、デビュー前のユーセフさんでしょうか。キャプションに「BBQで酔っ払った外人が突然マイク握って、ブルーハーツの終わらない歌、歌い始めた­!」と書いてあります。青春だなあ。

モロッコでどのようにしてブルーハーツの歌に出会ったのか、聞いてみたいですね。

では、みなさん、モロッコ出身のユーセフさんを応援しましょう!

http://www.amazon.co.jp/dp/B0035W2MXI

 

日本語アドバイザーの村上です。

ご存じの方も多いかもしれませんが、昨日の朝9時に、カイロの国会議事堂前で焼身自殺未遂事件がありました。本日の Egyptian mail紙によりますと、自殺しようとした人はAbdo Abdel Moneim Kamalさんというレストランオーナーの男性だそうで、レストランへのパンの供給に不満があったとのことです。48時間以内に退院できるとのことですから、深刻な症状ではないようです。

私はこの事件の第一報を発生後二時間ぐらい(午前11時)にtwitterで知りました。焼身自殺というのはチュニジアの政変のきっかけにもなったわけで、実際、第一報ののときには衝撃的なニュースだったと思います。ただ、その後「エジプト 火」という意味のアラビア語を検索キーにしてtweetを追っていましたが、直後は毎分1tweetぐらいのスピードで追加されていき、それなりに話題になっていはいたものの、夕刻には一時間に1tweetぐらいに落ち着き、チュニジアで見られたような「炎上」とか2ちゃんねる用語でいう「祭り」状態には、少なくとも現状では発展していません。

また、発言内容としても「有名になるための新しい方法ですね」といったシニカルなものが目立ち、「France24」というニュースサイトが「Kamal氏は精神障害の病歴があり入退院を繰り返していた」と報じると、「ははは。そりゃそうだろう」といった発言もありました。少なくとも私の目に入った範囲ではチュニジアの「ベン・アリ許すまじ!」といった雰囲気で現体制を批判する発言は見つけることができませんでした。

また、アレキサンドリアのテロやチュニジアの政変と比べて、今回の焼身自殺未遂事件のネットユーザーの対応では、以下の2点で違いが見られました。

1.ハッシュタグができなかった。

チュニジアでは、焼身自殺した学生の名前から #Bouazizi  というハッシュタグが作られました。ハッシュタグは誰でも作ることができ、そのハッシュタグを使ったツイートが一覧で見られるので、ユーザーを結集させることができます。エジプトではアレキサンドリアのテロなどでも積極的にハッシュタグが利用されました。今回、(少なくとも私の眼に入る範囲で)そういったハッシュタグが作られなかったということは、ネットユーザーの間に結集しようという意思がなかったと判断していいのかもしれません。

2.精神障害のニュースを積極的に共有した。

また、前述の「France24」がKamal氏の精神病歴を報じたところ、事件を報じるサイトは他にも大量にあったにもかかわらず、「France24」だけが積極的に共有されました。もし精神障害の影響で自殺未遂を起こしたのだとすれば、事件の意味は決定的に変わることになります。ネットユーザーの間でこの報道だけが積極的に共有されたということも、やはりネットユーザーは事件を収束させるべきだという意志を持っているような印象を受けました。

ということで、これからこの事件についても危機感を煽る論調の報道が増えるかもしれませんが、少なくともネットユーザーの間ではこの焼身自殺未遂事件をきっかけにして政権を倒そうというような動きは今のところ見受けられません。

ただし、日本ほどインターネットが普及していないアラブ圏では、ネットユーザーは富裕層に偏っている可能性もあり、その声が国民を代表しているとは限りません。貧富の差も激しいのが現実ですので、大多数は全く別の意見を持っている可能性もあります。

なお、Kamal氏の精神病歴については、それを否定する報道もあります。

中東の日本語教育を支えてくださっている皆様

先日ご紹介した今井先生のオンライン講演に英語字幕がつきました!
字幕をつけてくださったのは、ヨルダンのウダイ先生です。
ウダイ先生、ありがとうございました!
動画は以下でご覧になれます。
「日本の茶道とわびさび文化の成立」
なお、私もあまりよく分かっていなかったのですが、字幕を見るときは動画のすぐ下にある「CC」というボタンを押すと見られるようになれます。
ウダイ先生はアラビア語の字幕も作成してくださっているとのことですから、お楽しみに!
もし、トルコ語やヘブライ語、ペルシア語なども作成してくださる方がいらっしゃいましたら、よろこんで登録させていただきますので、ご遠慮なくどうぞ。
なお、プリント用のテキストも近いうちにご紹介できると思いますので、よろしくお願い致します。
では!

Hello! this is Murakami.

Today, I introduce you Movie ranking 2010 in Japan.

Here is the top 10 movie in Japan.

http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/2010/eiga1210/index.html

This survey is conducted by Oricon. The list include 6 Japanese films as following.

No 4, “The Borrower Arrietty“.

Unfortunately (and unbelievably), Studio Ghibli does not have official channel in YouTube. So  I had to choose its theme song.

No,5  “Umizaru The Last Message

You can watch the trailers here. I could not find the embedding code, so please click the link. It’s so impressive.

No.6 “Bayside shakedown the movie 3″

We have a class to learn Japanese Language through watching this movie. The class starts 2 weeks later.

No.7 “One Piece “

http://en.wikipedia.org/wiki/One_Piece

Here is the link to wikipedia in Japanese, Arabic, Turkish, and Hebrew. Sorry, for I could not find Presian version. Somebody in Iran, please write it in your language.

NO.10 “Pokemon”

This is very entertaining animation movie.

Please follow the link to read in wikipedia in Japanese, Arabic, English, Persian, Hebrew, or Turkish.

Another No.10 “Nodame Cantabile

This is a live-action movie, but originally it was manga.

This is the cover of manga version.

How did you like it?

If you want to watch those movies, please don’t forget buy the originals, not pirated copy!


Next Page »