December 2010


Hello! This is Murakami.

We started tweeting here.

http://twitter.com/#!/JF_Cairo

We are tweeting about Japanese pop culture, language education, our own event, etc. If you have twitter account, please do not hesitate following us.

If you don’t know twitter, click here for your quick understanding.

日本語 http://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter

Arabic http://ar.wikipedia.org/wiki/%D8%AA%D9%88%D9%8A%D8%AA%D8%B1

Turkish http://tr.wikipedia.org/wiki/Twitter

Persian(maybe) http://fa.wikipedia.org/wiki/%D8%AA%D9%88%DB%8C%DB%8C%D8%AA%D8%B1

Hebrew(maybe) http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%98%D7%95%D7%95%D7%99%D7%98%D7%A8

Advertisements

植村花菜さんの『トイレの神様』という歌は、とてもいい歌です。

初級が終わったクラスなら授業でも使えるかもしれません。

歌詞はこちらで見ることができます。

上級クラスなら、こちらの記事を読むのもいいでしょう。

大阪の方言が少し入っているので、そこには注意が必要です。

以下の言葉がわからない人はクリックしてみてください。

実家 五目並べ 女神 べっぴん 録画 損ねる 責める 居場所 味方 上京 恩返し 気立て

歌は、外国語を覚えるのにとても役に立ちます。特にこの歌は聞きやすいし、内容も普通の日本人の生活に関するものなので、ぜひ学習者の皆さんにご紹介ください。

Japanese tea ceremony and how wabi sabi culture was completed.

いろいろなところで広報させていただいておりましたが、日本語学習者向けに今井先生が日本の伝統文化についてご講演されたビデオがついに完成しました! これは一般の公開講演会を録画したのではなく、このビデオのために特別にカメラの前でお話くださったものです。

ご講演のタイトルは「日本の茶道と「わび」「さび」文化の成立」です。

「わび・さび」というとなかなか難しい印象がありましたが、具体的に目に見える茶碗などを通して説明していただいているので、とても分かりやすいです。言葉だけでなく、茶碗などは写真で実際にご覧になれます。

また、日本語を学んでいる外国人を対象にお話しくださっているので、内容はとても深いのにもかかわらず、使われている日本語はとても簡単です。もちろん、茶道の話なので「千利休」などの専門用語は出てきますが、そうした言葉には可能なかぎり字幕をつけました。

では皆様、以下からご講演をご覧ください。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=4EADD08233B229E5

もしインターネットが遅くて動画が止まってしまう場合は、右のように解像度を下げてください。

480pにすると、写真や字幕などをはっきり見ることができますが、インターネットが遅いと動画が止まってしまうことがあります。

240pにすると、動画が止まってしまうことは少なくなりますが、写真や字幕などがはっきり見えなくなります。

この動画はクリエイティブ・コモンズという著作権の形で公開しています。

今井先生にはこのご講演がコピーされることをご了解いただいております。ですので、ダウンロードして学生に配布する場合に、いちいち許可をもらう必要がありません。ただし、コピーして配る場合は、これが今井先生によるご講演であることは明示してください。

なお、この動画の中に含まれている茶器や建築物の画像は、すべてクリエイティブ・コモンズのものかパブリックドメインになっているものだけを選んでいます。

上の埋め込み画面から35分ほどのご講演がご覧になれると思いますが、もしpart1だけで止まってしまった場合は、以下のリンクをクリックしてください。

part1

part2

part3

では、この動画で、ぜひ日本語や日本文化の紹介にご利用ください。

最後になりましたが、今井先生にはこの場をお借りして改めてお礼を申し上げます。貴重なご講演を本当にありがとうございました。

先週は日本で今年売れたCDをご紹介しました。

https://jfcairo.wordpress.com/2010/12/15/2010-bestseller-cds-in-japan/

これらの歌を日本語の授業で使いたいときには、どうしても歌詞が必要ですよね。また、学生から質問されることも多いでしょう。でも、歌詞が聞き取れないことが少なくありません。また、聞き取れたとしても、それを書いて学生に渡すのはとても時間がかかります。

そんなときに便利なのが、歌詞を検索できるウェブサイトです。

この種類のウェブサイトはたくさんありますが、一番有名なのは「うたまっぷ」でしょう。今日は、先日ご紹介した6曲の歌詞をご紹介したいと思います。

まず、2010年のCD売り上げ第一位、嵐の「Trouble Maker」の歌詞はこちらにあります。

http://www.utamap.com/indexkasi.html

第二位の「Monster」はこちらです。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-100519-079

西野カナさんによる第三位の「best friend」の歌詞はこちらです。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=S06639

第四位も西野カナさんですが、「会いたくて 会いたくて」の歌詞はこちらです。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt0588

第五位にランクされたいきものがかりの「ありがとう」の歌詞はこちらでご覧になれます。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-100506-179

なお、「ありがとう」というタイトルの歌詞は、この「うたまっぷ」のサイトで100曲も見つかります。

最後に西野カナさんによる第六位の「if」は、こちらです。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt0757

 

歌は何度も繰り返して聴くことが多いので、外国語の勉強にはとてもいいです。

ぜひみなさんも、日本語を教えたり勉強したりするのに、これらのウェブページを利用してください。

日本語教育アドバイザーの村上です。

おかげさまで、今年もカイロ日本文化センターの日本語コースが無事に終わりました。

学習者の皆さん、コースを担当された先生方、本当にお疲れさまでした。(私は週に2時間のお手伝いをしただけです)

ということで、修了式のビデオをご紹介します。

まずは式が終わった直後の動画から。

みなさん、とてもうれしそうですね。

次に、中級コースの修了者のスピーチをご紹介します。

まずはアブドゥルラハマーンさんです。

日本人と話しているときに、電話がかかってくると、いつも「電話に出ていいか」とたずねることに驚いたそうです。

続いて、シャイマーさん。彼女は日本の公的機関で働いてもいるそうです。

今は日本に援助してもらっているが、エジプトも日本を援助できるようにしたいということでした。エジプトは若い人が多いですから、お互いに助け合うような関係ができるといいですね。

続いて、アスマーさんをご紹介します。もともと日本語を大学で専攻していただけあって、さすがですね。

アスマーさんは、日本人が結婚するときに、自分たち二人に必要以上のものを買わないということに驚いたようでした。また、エジプトでは自転車が少ないことに関する考察も面白かったですね。

スピーチの最後はマンディーさんです。

マンディーさんは日本企業によるエジプトへの投資を増やすことが両国のつながりを強くすると主張してくれました。

中級コースの修了生によるスピーチの前には、初級コース修了生の発表もありました。

こちらも皆さん楽しそうですので、ぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=05D335B2F01359C6

Hello. This is Murakami.

Today, I introduce you Japanese music. This year’s best-selling 6 CDs are following.

1 Troublemaker 嵐(arashi)

http://www.johnnys-net.jp/j/artists/arashi/disco/_popup/pop_troublemaker.html

2 Monster 嵐(arashi)

http://www.johnnys-net.jp/j/artists/arashi/disco/_popup/pop_monster.html

Unfortunately, I could not find any ” legal ” video or music of Arashi on the net. Off course, you can find tons of video on the net which looks like illegal, but I don’t dare to link them from this page.

3 Best Friend 西野カナ(Nishino Kana)

Sonymusic looks like to know quite well about internet marketing. You can enjoy her crystal voice on the net.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-855&70005022_SECL-855_01SFL

Here is her promotion video for this song.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-855&70005022_SECL-855_01VFL

4 会いたくて 会いたくて (aitakute aitakute) 西野カナ(Nishino Kana)

Listen to her song through this link.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-864&70005022_SECL-864_01SFL

Or watch the promotion video here.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-864&70005022_SECL-864_01VFL

5 ありがとう (arigatou) いきものがかり(ikimonogakari)

This song is used as a theme song of  TV drama “Gegegeno nyobo” which is broadcasted on every weekday from April to September this year.

The name of band, “Ikimonogakari” means a student who are in charge of taking care of animals or plant in elementary school.

Here is their Music.

http://www.sonymusic.co.jp/?70003712_ESCL-3438&70003712_ESCL-3438_01SFL

and video.

http://www.sonymusic.co.jp/?70003712_ESCL-3438&70003712_ESCL-3438_01VFL

6 if 西野カナ(Nishino Kana)

This song is famous as the theme song of the movie “naruto shippuden 4”.

You can listen to the music through this link.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-891&70005022_SECL-891_01SFL

And video.

http://www.sonymusic.co.jp/?70005022_SECL-891&70005022_SECL-891_01VFL

It is not easy to find Nishino Kana’s “Legally uploaded” video through Youtube, simply because Sonymusic does not open its’ official channel there.

But she has once sung with WISE who belongs to Universalmusic, so you can see her singing “Aenakutemo” through Universalmusic channel in youtube.

If you want to know about her in detail, here is the article about Nishino Kana on wikipedia.

http://en.wikipedia.org/wiki/Kana_Nishino

日本語教育アドバイザーの村上です。

今日は12月14日ですね。

12月14日は、日本で有名な事件のあった日です。

赤穂(あこう:今の兵庫県)の侍(さむらい)だった人たちが、江戸(えど:今の東京)で別の侍と戦った事件です。

詳しくはウィキペディアをご覧ください。

日本語版

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%A9%82%E6%B5%AA%E5%A3%AB

English version

http://en.wikipedia.org/wiki/Forty-seven_Ronin

اللغة العربية

http://ar.wikipedia.org/wiki/%D8%A7%D9%84%D8%B3%D8%A8%D8%B9%D8%A9_%D9%88%D8%A3%D8%B1%D8%A8%D8%B9%D9%88%D9%86_%D8%B3%D8%A7%D9%85%D9%88%D8%B1%D8%A7%D9%8A

日本の有名な版画家たちもこの事件の絵を描いています。

葛飾北斎(かつしかほくさい)が描いた絵

安藤広重(あんどうひろしげ)が描いた絵

法律を守らずに江戸で戦ったのですが、日本人のほとんどはこの人たちをテロリストのようには思っていません。「義士」と呼ばれることもあります。これは「正義の侍(さむらい)」という意味ですね。

さて、最初に書きましたように、この事件は12月14日に起きました。ですから、日本では毎年この時期になると、テレビや映画でこの事件をテーマにした作品が上映されます。今年はこんな映画が18日から公開されます。

『最後の忠臣蔵』予告編

youtubeでは、この映画で重要な役を演じる桜庭(さくらば)ななみさんが、この映画のために練習しているビデオも見ることができます。オーディション(テスト)から筋力トレーニング、座り方、茶道(さどう)、琴(こと:楽器)の練習などをしています。300年前の女性を演じるのはずいぶん大変なようですね。

琴の楽譜は初めて見ましたが、漢字で書くんですね。

映画やテレビ番組になるだけでなく、赤穂市で12月14日(つまり、今日ですね)に、赤穂浪士たちを記念したお祭りが開かれます。下の写真は、その祭りの写真です。

Next Page »