みなさん、こんにちは。

私の名前は村上です。

私もここで今日からときどきブログを書きます。

よろしくお願いします。

このブログを使って、中東で日本語を教えるみなさんと、たくさん話したいです。

みなさんも、ぜひコメントしてください。

さて、今日は10月24日にトルコのアンカラで開かれた日本語弁論大会をご紹介します。

カイロ日本文化交流センターは、この弁論大会をインターネットに中継するお手伝いをしました。

初級の部の発表はこちらで見ることができます。

http://bit.ly/bogfME

初級の部では、「小さな将来」というタイトルで発表したシェブネブ・ゼンキンさんが優勝しました。

そして、中上級の部はこちらです。

http://bit.ly/cmY0sd

中上級の部では、グルグン・ブルチン・クトゥルさんが優勝しました。

結果発表のときのビデオはこちらにあります。

http://bit.ly/cpT4o2

このビデオの最後で、優勝者の二人に質問しているおっさん日本人がいますね。

それが私です。

さて、初級の部で優勝したシェブネブ・ゼンキンさん、中上級の部で優勝したグルグン・ブルチン・クトゥルさん、おめでとうございます!

この二人は日立製作所さまのご好意により、日本に行くことができます。

この弁論大会はインターネットで中継され、twitter、facebookなどを通して、世界中からコメントをいただくことができました。

コメントは少なくとも以下の13カ国から寄せられました。

インドネシア、UAE(ドバイ、アブダビ)、エジプト、カタール、シリア、チェコ、ドイツ、トルコ、ハンガリー、ベトナム、モロッコ、日本、米国

(一部はこちらでも見ることができます。http://mongolia.seesaa.net/article/165352301.html#comment)

コメントを下さったみなさん、ありがとうございました!

Advertisements