November 2010


中東で日本語教育を支えてくださっている日本語教師のみなさま

今日は便利なワザをご紹介します。パワーポイントがなくても、デジタルなフラッシュカードを作る方法です。

【1】 最初は、エクセルを使う方法をご紹介します。

【概要】

  1. 全部のセルを選択する。
  2. エクセルのセルを画面いっぱいに大きくする。
  3. フォントも大きくする。
  4. 「全画面表示」にする。

まず、以下のように見せたい順に入力します。

Sunday

にちようび

Monday

げつようび

Tuesday

かようび

内容は何でもいいですが、一つのコマに一つずつ入れるのがポイントです。
次にセルの大きさを広げます。

エクセルの「A1]セルの左上の部分をクリックして「全選択」して、一つのセルを画面いっぱいに広げます。

セルを一つ一つ大きくするととても時間がかかります。

だから「全選択」しましょう。

でも、それだけだと文字が小さすぎるので、フォントも大きくします。

あとは下向きカーソルキーで表示させるコマ(セルといいます)を変えていきます。

簡単ですね?

以下のビデオで実際にやって見せているので、説明だけだとよく分からない人はご覧ください。


【2】 次に、自動翻訳つきのフラッシュカードの作り方もご紹介します。

【概要】

  1. Googleドキュメントで「自動翻訳機能つきフラッシュカード作成ツール」を開く。
  2. 邪魔な表示を消す。
  3. 「InputHere」シートに見せたい言葉を書く。
  4. イランやトルコ、イスラエルなどでは、それぞれの言語を指定する。
  5. 「FlashCardAr]シートを開く。
  6. セルの大きさをパソコンの画面に合わせる。

自動翻訳はエクセルに入っていません。

だからGoogleドキュメントを使いましょう!

まず、こちらをクリックしてください。

https://spreadsheets.google.com/ccc?key=0Ao30CpQWm6NfdERHNVV3Y3ZUdUJaRF9xb2hfRHlEcnc&hl=ja
このままでは編集できませんから、自分用にコピーしてください。

コピーは「ファイル」メニューの「コピーを作成」で作ります。

このコピーの方法は以下のビデオでよく分かるでしょう。

コピーできたら、邪魔な表示を消します。そのためには二つの作業があります。
まず、キーボードのf11を押します。

そうすると、ブラウザ(Internet Explorerなど)が全画面(Full Screen)になります。

次に、Google Document の「表示」(View) から「コントロールの非表示」(Hide Control)をクリックします。

これで、Google Document が画面いっぱいに表示されます。

次に、見せたい言葉を書きます。

書く場所はA1セルからA20セルの間です。

もちろん、20以下なら10語でも5語でも大丈夫です。

そうすると、B1から下に、自動的にアラビア語の翻訳が表示されます。

これは間違っていることもありますから、よく見てください。

間違っていたら、キーボードで直してください。
自動翻訳を使うと、たとえば「日本語のカードを見せてから、媒介語で意味を確認する」というような使い方が簡単にできます。

アラビア語以外の地域では、「言語コード」を直す必要があります。B1をダブルクリックして、「=Googletranslate(A1,”Ja”,”ar”)」を直します。

トルコでは「=Googletranslate(A1,”Ja”,”tr”)」と直してください。

イランでは「=Googletranslate(A1,”Ja”,”fa”)」と直してください。

イスラエルでは「=Googletranslate(A1,”Ja”,”iw”)」と直してください。

そして、B1セルをB20セルまでコピーしてください。

では、実際にフラッシュカードを見てみましょう!

「FlashCardAr」というシートを見てください。シートタブは画面の一番下にあります。

セルの大きさは充分ですか?小さすぎる場合は、大きくしてください。

方法はエクセルと同じです。A1の左上の部分をクリックして「全選択」してから、セルの大きさを調整してください。

この方法は、以下のビデオで紹介しています。

簡単ですから、ぜひ、やってみてください。

日本語アドバイザーの村上です。

ご存じの方も多いかと思いますが、カイロ大学で昨日と今日、シンポジウムが開かれました。今年はカイロ大学に日本語日本文学科ができて35周年になります。アラブで初めのことでした。今回のシンポジウムは、それを記念して開かれたのです。
日本の新聞も、このシンポジウムを記事にしています。「日本語学科記念しシンポ 1000人の卒業生輩出したカイロ大」http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/101129/mds1011290838000-n1.htm
このシンポジウムでは、研究者だけでなく学生からの発表もありました。学生たちは日本での体験について、写真も使いながら発表してくれました。発表したのは以下の四人です。

Students of Cairo Univ

とても楽しそうな経験だったようですね。学科長のカラム・ハリール博士も「自分の留学した時代には、勉強ばかりでこんな多彩な経験はできなかった」と頼もしい学生たちに目を細めておっしゃっていました。

カイロ大学の今後も変わらぬご発展をお祈りいたします。

中東で日本語教育を支えてくださっている皆様

今日はトルコのカイセリという町にあるエルジェス大学のヴォルカン先生のメッセージ動画をご紹介します。

 

 

ヴォルカン先生は動画の中でもおっしゃっていますが、日本文学にたいへん造詣が深く、今年の中東日本語教育セミナーでは芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を日本語教育の教材として扱われた取り組みについてご発表になりました。

中東の日本研究にかかわっていらっしゃる方の中には文学を扱っていらっしゃる方も少なくありません。

カイロ日本文化センターが、そういった皆様をつなぐハブとなることができればとてもうれしいです。

なお、上の動画のインタビュワーはトルコのアンカラにある土日基金文化センターに国際交流基金から派遣されている村木専門家です。

The Japan Foundation Cairo Office

Japanese Language Course 2011 January Semester

Changed!

Current University students majoring in Japanese can register for the Intermediate Japanese Course ( Level 7-9 )

1.Duration

23 January(Sun.) – 12 May(Thu.) 2011   16weeks

* Course end date may be delayed due to official holidays.

2.Course

① Intermediate Japanese Course  Level 7 (twice / week)

Every Tuesday and Thursday, 6:00 – 8:00 pm.

Prerequisite: Completion of a Japanese Language Beginner’s Course.

The purpose of this course is to prepare the participants for the intermediate level. As well as revising what was learned in the Beginner’s Level, we will study the grammar, vocabulary, expressions and kanji necessary for advancing to the intermediate level.

Textbook: “Chukyu E Ikou”

② Intermediate Japanese Course  Level 8 (twice / week)

Every Sunday and Wednesday, 6:00 – 8:00 pm.

Prerequisite: Those who have previously studied the textbook “Chukyu E Ikou”.

The purpose of this course is to raise the learners’ Japanese language proficiency in general by building upon the basis of what was learned in the textbook “Chukyu E Ikou”, and increasing the learners’ repertoire of grammar, vocabulary and expressions. There will be exercises on listening, reading and writing about a certain theme, in order to raise the learner’s Japanese communication skills.

Textbook: “BUNKA CHUKYU NIHONGO 1”     Lesson 1 – Lesson 4

③ Intermediate Japanese Course  Level 9 (twice / week)

Every Monday and Wednesday, 6:00 – 8:00 pm.

Prerequisite: Completion of the Intermediate Japanese Course  Level 8

The purpose of this course is increasing the learners’ repertoire of grammar, vocabulary and expressions. There will be exercises on listening, reading and writing about a certain theme, in order to raise the learner’s Japanese communication skills.

Textbook: “BUNKA CHUKYU NIHONGO 1”     Lesson 5 – Lesson 8

④  Advanced Japanese Course  Level 10(once / week)

Every Tuesday, 6:00 – 8:00 pm.

Prerequisite: Passing Level 2 of the Japanese Language Proficiency Test “JLPT” or attainment equal to or higher than Level 2 of the JLPT or Completion of the Intermediate Japanese Course  Level 9

The aim of this course is to improve the students’ Japanese language skills through various tasks and activities, such as reading newspapers, watching television programs, holding discussions, and writing reports & essays on different subjects.

Material: Newspaper, magazines, essays and television programs.

3. Course Fees

① Intermediate Japanese Course( Level 7 )       480 LE   (Including Textbook)

② Intermediate Japanese Course( Level 8 )       540 LE   (Including Textbook)

③ Intermediate Japanese Course( Level 9 )       320LE

④ Advanced Japanese Course ( Level 10 )          200 LE

* We cannot refund the fees once you paid for any reason.

* You cannot use the amount you paid as fees for a future course.

* The price of the textbook will be deducted from the above fees for the applicants who already own the original textbook. However, as this term we will not acknowledge any copied textbooks at all, we ask for your understanding and cooperation.

4. How to apply

* There is another way to apply for those who are taking Intermediate or Advanced Japanese

Courses now.

Step1  Application

21 November(Sun.)- 16 December(Thu.)2010  9:00am~6:00pm

Get an Application Form at the entrance (Price per Form: 5 L.E.).Fill it in and then

submit it with two photos.

*Monday, May 3 is our day-off

Step2   Placement Test ( see “5.Placement Test”)

19 December(Sun.)  6:30pm~8:00pm

Step3   Registration & Payment of course fees

20(Mon.)- 27 December(Mon.) 9:00am~6:00pm

We will announce the results of the Placement Test at the entrance. Those who passed

the exam can register and pay the course fees.

* 23 December(Thu.) is our day-off

5. Placement Test

Date: 19 December(Sun.) 2010

Time: 6:30 ~ 8:00 pm

Venue: Library

* Every applicant must bring pencils (or mechanical pencils) and an eraser. We will not lend them.

* Depending on the Placement Test results, Applicants may not be able to enter the Course they want.

* Every applicant must take this exam except for the following:

Those who have completed Level-6 of the Japan Foundation Japanese Language Beginner’s

Course in December 2010.

Those who took the Japan Foundation Advanced Japanese Course during the previous year.

6. Contact

The Japan Foundation Cairo Office

5th Floor, Cairo Center Bldg.,106 Kasr Al-Aini St., Garden City, Cairo.

Tel: (02)27949431 / 27949719

Fax: (02)27949085

Email: info@jfcairo.org

November  2010

Here is the Arabic version of this article.

Intermediate Level (Arabic)

Japanese Language Courses

2011 January Course

Organized by The Japan Foundation Cairo Office

Course details

  • Period                 : January 9th (Sun)  to  May 12th (Thu), 2011
  • Place                   : The Japan Foundation Cairo Office
  • Levels                 : There are 6 levels to be covered in six semesters, starting from Level 1 (beginners).
  • Classes                Level 1 – Three times a week, Level 2 to Level 6 – Twice a week

※Maximum student for Level 1 :40 students x 1class ( from 4:00P.M.),

40 students x 1class (from 6:00 P.M.)

  • Days and Time     : Courses will be held on Sunday to Thursday.

(A) from 4:00 P.M. to 5:45 P.M.

(B) from 6:00 P.M. to 7:45 P.M.

Further details of each class will be notified later.

  • Fees                    : Level 1- 550 L.E.   2- 550 L.E.   3- 360 L.E.   4- 550 L.E.

5- 360 L.E.   6- 360 L.E.             * Including Text fee.

We cannot refund the fees once you paid for any reason.

How to apply

All the new applicants should have an interview for screening. No reservation required.

Please bring 5L.E. for application form, 2 photos (3cm x 2.5cm), and a pen to the following dates and place.

  • Date    : December 12th (Sun)         3:30 P.M. – 6:30 P.M.  OR

December 13th (Mon)        3:30 P.M. – 6:30 P.M.

December 14th (Tue) 6:00 P.M.-7:30 P.M. — Placement test (if it’s necessary)

  • Place       : The Japan Foundation Cairo Office, 3F Cairo Center Bldg., 106 Kasr Al-Aini St., Garden City
  • Announcement of results, registration and payment of course fee:

December 19th (Sun) 3:30pm-6:30pm OR

December 20th (Mon) 3:30pm-6:30pm   At the 3F of Cairo Center Bldg.

*Telephone inquiry regarding the result of the screening will NEVER be accepted.

Further information Please contact us if you need further details.

The Japan Foundation Cairo Office  Tel: 2794‐2113

3F Cairo Center Bldg., 106 Kasr Al-Aini St., Garden City, Cairo

Operating hours: 1pm – 5:30pm    Sun-Thu

 

Here is Arabic Version of this article.

Arabic version

先日、国際交流基金カイロ日本文化センターで行われました今井雅晴先生によるご講演「日本の神道と仏教」ですが、今井先生のご好意により、ご講演の原稿を公開させていただきます。

日本の神道と仏教、キャプション入り原稿

内容は以下の構成になっております。

はじめに

1、日本の宗教構成

2、神道と仏教の本来的特色

3、神道と仏教の融合

4、現代に生きる神道と仏教おわりに

 

ご参加になられた方も、遠方でご参加できなかった皆様も、ぜひご覧くださいませ。

このJFCAIRO公式ブログではトルコのアイシェヌール先生のインタビュー動画を載せたことがありますが、今回はシリアのダマスカス大学の先生方のインタビュー動画をご紹介します。
まずは、ダマスカス大学ナーヘド先生からのメッセージです。ナーヘド先生は第13回シリア日 本語スピーチコンテストでも、急遽、日本大使のスピーチを通訳するなどして大活躍でし た。
次はダマスカス大学ヌール・ファーレス先生からのメッセージです。

ヌール・ファーレス先生は、現地の日本語教育関係者の間では女優の菅野美穂さんに似ていると評判です。インタビュワーは基金から同大学に派遣されている有馬さん(声だけの出演ですが)。

次回はトルコのカイセリ大学からのメッセージをご紹介します。お楽しみに!

Next Page »